2021・5・17 Instagram

人生の別れ道

別れ道をどちらに進むかで

人生は大きく変わるが

どちらが正しかったのかを思考する、後ろ向きな人と

どちらも幸福にとらえる

前向きな人がいるだけである

Photo by Andre Furtado on Pexels.com

おちょやんロスです…笑

ご存知ない方もいるかもしれませんが、朝ドラファンの私として、先日終了した「おちょやん」の最終話、主人公の千代が元夫の一平に対して「私たちもし別れてなかったらどうなっていたのかしら。でもそんなこと考えても仕方がない。そうなっていなかったら、お互い大切な人達に出会えていなかったから…」

なんと無く自分の過去と照らし合わせて、涙が溢れる瞬間でした。

人生に起こるすべてのことに意味がある。

たとえその只中にいるときにはそんな余裕は無く考えることなどできない事も、振り返ればあの時あれがあったから今の自分がある、あの事があったから大切なあの方に出会えることが出来たと必ず思えるのです。

私はステイーブジョブスのスタンフオード大学のスピーチが大好きで何度聞いたか記憶にないほどです。中でも点と点が必ず結びつくというフレーズは私の自己解釈では「人生に起こること全てに意味がある」となります。無意味なことなどないのです。

陰ながら辛い経験や苦労をしている方はたくさんいると思います。私のクライアントの方でも私の苦労など大した事ないなと思える様な体験をされている方もいらっしゃいます。とても軽々しい言葉で励ますことなど出来ません。

ですが、その時見える景色は違っても必ず違う景色が見えると信じ前を向いて努力される方がほとんどです。

さて問題はここからです。違う景色見向け歩き出したとき、自分の選択を振り返って選択の成否を考える人はいつ迄もなかなかその場から精神的に抜け出すことが出来ません。

自分の選択が例えどうであっても、過去の出来事が今の自分を作りあげていると思う人は、これ迄の人生経験を強みに変えさらに新しい世界へと自分の世界を広げていきます。

かくいう私もその一人です。しかしものすごく時間がかかりました。一時は家から出ることすら怖くなっていたほどです。

その時、私の手を引いて未知の世界の空気に触れさせていただいた方、私の話をいつまでも聞いていただいた方、私の居場所を与えて頂いた方、、、

かつての私は、感謝やありがとうなんてそう何度も安売りするもんじゃないな、なんて言ってました。今、そんなことを言ったらバチが当たります。私は完全に生かされております。好きな事をやりなさい。自然体でいなさい。貴方らしくありなさい。そういってくれる方に囲まれて日々生きております。

話は前後しますが、A案とB案どちらか迷った際、一番重要なのは結果が出た後です。ご支援させていただく際、ほとんどの方がここで終了となってしまうのでそこをチェックいたします。事象の振り返りだけではありません。一番は結果の捉え方。姿勢の問題です。

ジョブスといえば「最後の言葉」をご存知の方も多いと思います。初めてあの言葉に触れた時、とても感動したのと同時にある疑問が一つ浮かびました。

なぜ人はいつか命尽きる事を知っていながら、日々を懸命に生きるのだろう。

生き甲斐という名の希望。それを追い求め時間を、命を尽くしていく、、

やはり、おちょやんの言葉が我が意を得ます。

「人生はしんどいけれど おもろいなあ」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中